2~3年前のことになりますが、自動車の買い替えをしようと

2~3年前のことになりますが、自動車の買い替えをしようとした際、より高い価格で買取ができる業者を探し回っていた時期があります。



その際は、情報収集の方法としてインターネットで車の査定価格を詳しく研究した上で、車の一括買取サイトに買取を依頼しました。


考えていたよりも安い金額の提示が多かったのですが、中古車の市場価格は時期によっても少し変動するようです。
ボディカラーの如何によって、中古車の査定額は大きく変動します。いわゆる白や黒の定番色は市場で人気が安定しているので、査定の際に金額がアップすることが予想されます。また、シルバーカラーの場合は定番であることに加えて車体の汚れが目に付きにくいという利点があるので人気も高いです。これらとは反対に、それ以外のボディカラーの場合は、車の評価が高くなることは望めないでしょう。車を査定するときには流行している車体色だとしても、買取から売却の間に流行が終わっている可能性が高いからです。乗用車を売却するにはまず査定を受ける必要があります。

一口に査定といってもやり方は中古車屋に知人でもいない限り、次に上げる二つしかありません。



多いのは、車の買い替え時に下取りに出し、ディーラーに値付けをしてもらうやりかたです。

一箇所で購入と売却(下取り)を済ませられるので、足(車)がなくて不自由することはありませんが、競争原理が働かないため中古車買取り業者と比較すると買値は安くなりがちです。一方、買取専門業者に査定を依頼すると、一社でなく複数に査定してもらえるため、下取りに出すのに比べて査定額は高くなりやすいです。最近販売されている車は買った当初からカーナビが付いているものが多数派となってきました。



こういうわけで、単にカーナビが搭載されていてもあまり査定額が高くなることはなくなりました。



一般的なものではなくて、後付けで高価なカーナビシステムを取り付けたような場合に限って評価してくれる可能性が高くなります。

カーナビを外すのにさほど手間がかからないのならば、買取店に持ち込む前に取り外ししてしまって別途オークションに出品した方が得になるケースも出てくるでしょう。もちろん、事故車であっても査定を申し込むことは可能ですが、査定にはかなりマイナスになるでしょう。


ですが、事故を起こした車ということを隠していても査定する人には隠しきれないので、印象が悪くなってしまいます。もし、事故での損傷がひどすぎる場合は、事故車専門の中古車買取業者に査定をお願いするといいと思います。


こちらの方が良い査定額をつけてくれる場合もあるでしょう。
個人使用の乗用車の場合、走行距離は一年あたりおおよそ1万kmが標準といわれています。
年式を問わず走行距離数が5万を超えた車は多走行車と言われて当然ながら距離なりに査定ではマイナスポイントがついていき、これが10万キロともなれば過走行車扱いでゼロ円査定などという可能性もあります。
それなら走行距離が短いほどよいのかというと、そうとは言えません。総走行キロ数が車の年式の割に少なすぎる時には、逆に駆動部分が極端にへたっていたり、状態が悪化している場合があり、あまり歓迎されません。二重査定制度とは、後になって査定額を変える事のできる仕組みのことです。買取業者に査定依頼を出して、額が決まるとします。
本来、その金額で査定をしてもらって終わりですが、後になって故障や傷が見つかる場合もありますよね。



そんなケースでは、一度決定していたにもかかわらず査定額が変更されることがあるのです。
平成17年から、車の再資源化に際する問題解決を目的として、自動車リサイクル法が施行されています。
そのため、現在町中を走っている車の多くが、自動車リサイクル法の定めた自動車リサイクル料金を払っているのではないでしょうか。既にリサイクル料金を支払っている車両を買い取ってもらう際に、車買取業者を通して車を買ったときに納めたリサイクル料金相当の金額を受け取ることが出来ます。

返された金額が、査定額とは別に扱われるのか、査定料に一緒にまとめられているのか、確認を怠らないようにしましょう。自動車に掛かる税金の話をすると、毎年の4月1日に車を所有している人に対して1年分の請求があるのです。
しかし、車売却の時には、払った税金の残りがプラスに査定されますから、一年分の税金を払って損したと言うことにはなりません。ただ、自動車重量税については同様ではなく、廃車にするケースを除いては還付されると言うことはないのです。しかしながら、税金を支払った月数分の残りの金額を査定に加算してくれる場合もあるかも知れません。自動車重量税に関しては買取業者と直接交渉してみると良いですね。

車の買い取りをしてもらう時に注意する必要があるのは、悪徳業者に依頼しないことです。みんなも知っているような会社なら心配する必要はありませんが、一店舗経営のお店は、注意しなくてはいけません。悪徳業者に依頼してしまうと、車を渡してしまったあとに代金が支払われないということもあります。ボディーカラーは中古車買取査定において結構重要な項目です。
ホワイトおよびブラックは定番の人気色でいつでも需要が安定しているために、査定に良い印象を与えるケースが大半でしょう。


反対に原色に近い赤や青などのビビットカラーは好き嫌いがありますので、人気の定番色と比較して査定額を減額される要因になるケースが多いと言えます。

しかしながら、中古車の査定価格は査定時点でのオークションの相場により常に流動的なものですから、流行次第である特定の車体色が査定相場を引き上げることも考えられるのです。車の査定を受けようとする際、気を付けておきたいことは、手間を厭わず何社かに頼んでみるのが良いでしょう。

査定を一社に任せてしまうのは良くありません。
なぜなら、他の業者に頼んでいれば、万単位で高い額が出ていたことも充分あり得るからなのです。相場やマニュアルがあるとしても、買取業者が違えばほとんどの場合、査定金額はいくらか変わってくるものです。


今まで乗ってきて愛着もある車ですから、多少なりとも高い値段で売りたいものです。


それに、近頃では一括査定サイトという、きわめて使い勝手のよいシステムが利用できますので、手間も時間もかけることなく、複数社に査定を依頼できるようになっています。
私はこれまでに自家用車の買取を依頼したことがあります。私だけでなく、買取を頼まれたほとんどの方は買取価格を高くしたいと考えるでしょう。それには車の専門雑誌やWEBでの買取サービスなどをりようして、よく買取価格の相場を掴んでおくことが必要だと思います。

その結果、高く買い取ってくれる可能性がアップすると思います。



自家用車を売ろうと決めた場合は、多くの知識を持っている必要があります。


特に、車税に関してのノウハウを理解しておくことで、迅速に手続きを終わらせることができます。中古車査定の業者に相談する前にわかるようにしておきましょう。

中古車買取り業者による査定の際はぜったい所有者がその場にいなければいけないとするルールこそないものの、やはり当事者の一方がいないことで発生するトラブルを防止すべく、できるだけ所有者本人が査定に立ち会うべきです。
酷い業者ばかりとは限りませんが、なかには車のことがわかる人がいないのに乗じてもともと何でもない部分に傷をつけたりして少しでも買取価格を安くあげようとすることもあります。